Hilo(ひろ)のあっちこっちそっちどっち日記

広く浅く、がダメなんだ、と、よく言われます。いいかえればウルトラスーパーDD

2017/02/05 Sun. - 上野優華@新宿BLAZE

まずは初めてなのに新宿BLAZEに着けた自分GJ。(よく道に迷うんですよね…。)
新宿BLAZE入口(2017/02/05) 発券したとき、なかなかに若い番号だったんでびっくりしたんですが、お客さん結構入ってました。見た目ではほぼ埋まってましたね。

さて、ライブ前半はロックな曲の連続で、まあこれがあつかったです。アニソンシンガーかと思った「翼をもって生まれた者たち」(曲がアニソンぽい曲なって思ってるのもあるけど)、わたしが大好きな「恋するPretty Girl」(ちょっと洋楽っぽくないですか?)
youtu.be   などなど。声が太くて強くて、パフォーマンスにも勢いがあったし、そしていつの間に肩と二の腕が太くなってた(後から知ったのですが、映画で元アーチェリー選手の役をやったらしいので、それが理由かな)のも相まって、熱くなりましたねー。ステージの熱さに引っ張られて自然に盛り上がれる、この感じは数年ぶりかもしれない…。

バンドが入った中盤、すだち色(ミントグリーン、かな?)のドレスでの「恋日記」などバラードの数々。ライブというよりディナーショーに来たんじゃないかと思うほどのゴージャスな時間でした。(ディナーショー行ったことないけど)

「見えない花」などの終盤を経て、アンコール、映画&ドラマの出演のお知らせとともにそのエンディング曲となる新曲「友達ごっこ」。これがまた、曲、歌、そして「シナモンティー」の作詞の高橋久美子さんによる歌詞と、映画・ドラマのエンディング曲としてパーフェクト。

ダブルアンコールまであってもう一盛り上がりして(曲名忘れちゃった)終わり、でした。

バンドが入ったところは次元が違うもの見ちゃったな、って感じだったんですが、それだけじゃなく、特によかったと思ったのが、ロックな曲のときの熱さでしたね。お客さんも、昨年のduoでのライブのときはどう盛り上がっていいか戸惑ってましたが、今回はばっちり盛り上がってましたし。